ビアンカ英会話

英会話の勉強のポイント

英会話の勉強のポイント

どうして多くの日本人が英会話を話せるようにならないのかという話は、さまざまな理由と複合的な結果だとは思いますが、いろいろとひも解いていくと、学校教育の方法と学習方法にもその一端があるともいえるでしょう。

 

英語教育の現場

・テストを前提とした勉強
・リーディング、ライティング中心のカリキュラム
・○×の評価軸

こういったことが実際に学校でまだ行われていますし、こういったことに時間を費やしてきた記憶と経験が多い人が大半でしょう。

 

 

正解不正解をしっかりと判断されてしまうテストを前提として勉強すると、間違えることを極端に抵抗をもつようになってしまいます。英会話においては間違えたら間違えた分だけ自分の血となり肉となりますので、とても重要なことなのですが、テストのように間違いを気にすると英会話の上達はいつまでたってもうまいようには身につきません。

 

 

英会話の勉強の近道

これから英会話を習得したいと思うならどうするのが良いのかというとそれは徹底的にネイティブの英語を繰り返し聞く事をおすすめします。おそらく多くの方は英語の文法を勉強をするよりも英会話の習得が各段に早くなるでしょう。

 

みなさんも今現在日本語を流暢に話せるのは日本語の文法を勉強したからではないはずです。身近な人間の話す言葉を聞いて自然と日本語を話せるようになったと思います。ですから、それと同じ要領で英語も勉強すればきっと英会話の習得も可能ですし、より効率的に英会話を身に着けたいと思ったらとにかくネイティブ英語を繰り返し聞く事です。

 

それで英会話も苦もなくできると思います。

 

ポイント

英会話はとにかく実践

 

 

 

英語を話す機会

英語を実践するためにも英語を話す機会というのはとても大切ですが、日本においては勉強してもそれを実際に使う場所があまりにも少ないということに尽きると思います。言語というのは使うことで覚えていくものであり、会話して英語を聞くことでそれを吸収していくのです。ですが、日本には外国人があまりにも少ないという現実があります。

 

もうひとつは欧米系の人たちに会うと緊張してしまって思うようにしゃべる事ができないという点があります。どうしても苦手意識というものがあるのです。自分の英語に自信がないというものもあります。きちんとした英語でないと通じないと思ってしまいますし、通じないと恥ずかしいという気持ちが先行してしまうのです。こうした環境や考え方が日本人が英語を身につける点での壁になってしまっています。

 

英語を実際に話す機会を探す

>>英会話を話したい.com

更新履歴